PAPUA NEWGUINEA / COOK ISLANDS
UTI JAPAN TOP
パプアニューギニア / クック諸島 世界で2番目に大きな島の東半分と600の島からなるパプアニューギニア。小さな15の島々からなるクック諸島。どちらも青く美しい海と豊かな生態系が息づく太平洋の楽園です。
基 本 情 報 ア ク セ ス 観 光 情 報 お 問 合 せ


基本情報

気 候 パプアニューギニア:
赤道直下の無風帯に位置しているため、年間を通じて大きな季節変化はない。

クック諸島:
南半球に位置するため、日本とは季節が逆。11〜3月が雨季となり、それ以外の月は乾燥して晴れていることが多い。
2〜3月が盛夏で平均気温は26〜30度、冬は7〜10月で気温は最高25度、最低18度くらい。

服 装 パプアニューギニア:
海岸部や低地では夏の服装で十分。ハイランド地方では朝晩の冷え込みがきついため、セーターやウィンドブレーカーなどを用意するとよい。セピック河流域を旅行する場合は、長袖、長ズボン、簡単な雨具とともに、防虫スプレーの用意を。

クック諸島:
7〜8月の冬季は夜間冷え込むことがあるので、セーターやカーディガンを用意するとよい。

言 語 パプアニューギニア: 公用語は英語。他にピジン語、モツ語などが広く話されている。
クック諸島: 公用語は英語とマオリ語。

通 貨 パプアニューギニア: キナ(K)
クック諸島: ニュージーランドドル(NZ$)。硬貨と3ドル紙幣はクックアイランド・ドル

ビ ザ パプアニューギニア: 要。現地到着時にポートモレスビーのジャクソン空港で取得可能
クック諸島: 不要

時 差 パプアニューギニア: 日本より+1時間
クック諸島: 日本より−19時間。

チップ どちらの国もチップの習慣はない。安易に現金を渡すことは避けたほうがよい。

飲料水 パプアニューギニア:
ミネラルウォーターまたは煮沸した水の飲用がお勧め。水道水は飲用しないほうがよい。
クック諸島: ミネラルウォーターがお勧め。水道水は飲用しないほうが良い。

電 気 どちらの国も240V


パプアニューギニアの基本情報のPDFはこちら
クック諸島の基本情報のPDFはこちら


アクセス

パプアニューギニア
成田空港からパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにはニューギニア航空が直行便を運航。飛行所要時間は約6時間半。

クック諸島
ニュージーランド航空で、ニュージーランド・オークランドを経由、クック諸島のラロトンガへの行き方が一般的。
また、タヒチヌイ航空でタヒチ・パペーテ経由もある。



観光情報

パプアニューギニア
ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツのほか、4月から11月の乾季にはトレッキングもお勧め。

クック諸島
リゾートホテルなどが比較的多くあり、のんびりとしたホテルライフや、周辺のスポットでのダイビングが人気。



Copyright(c) 2010. UTI JAPAN. All Rights Reserved. tyo@uti.co.jp