ico_close
旅行情報ボツワナ

「ツワナの人」の国 ボツワナ

投稿日 : 2020.06.02

,更新日 : 2020.08.11

国民が持つ ”ボト”

19世紀初頭に約8つの族首国があり、ともに言語、歴史を共有し、穏やかに共存していたといわれています

その為、ツワナ族の「一民族一国家」を誕生させることが出来たとされています

多くの国民は、”ボト(人に対する敬意、尊重、尊敬” を持ち、礼儀、謙虚さ、思いやり(優しさ)などが人間性に表れています

アフリカ全土からみても比較的治安の良い国です

基本情報

正式国名

ボツワナ共和国

首都

ハボローネ

面積

581,730キロ平方メートル

人口

約2,250,000人

民族

ツワナ族、カランガ族 等

宗教

キリスト教(プロテスタント、カトリック) 約50%、その他の宗教 約50%

公用語

英語、ツワナ語

通貨(日本円の目安)

ボツワナプラ(BOP表記)  1円 =  約BOP 1.20

パスポート

入国時に、残存有効期間が滞在日数に加えて6ヵ月以上必要

ビザ

90日以内の観光、短期商用目的の場合はビザ不要

税関・検疫

手荷物の申告や免税制限、禁止品や規制品など細かく決められている為、「ボツワナ共和国大使館」のホームページ(下記URL)をご確認ください

https://www.botswanaembassy.or.jp/info.php?ID=3

電圧・プラグ

電圧は220V~240V  プラグはBタイプ(BF型)

チップ

あり (目安:ポーター U$3.00/1個、 サファリドライバー U$20~30.00/1回)

飲料水

ミネラルウオーターがおすすめ

時差

7時間00分(JST-7) ※日本が正午(12時)の場合、ボツワナは5時00分

気候(シーズン・服装)

北部は熱帯気候、東部は半乾燥・亜熱帯気候

西部は「カラハリ砂漠」があり、低木林、林や草地などの植生で覆われた乾燥地帯

南西部は、砂丘帯が広がり、野生動物は雨季に溜まった窪地の水(塩分)や草地からの栄養を得ることが出来ます

乾季:4月~10月 / 雨季:11月~3月

夏は昼夜問わず非常に暑く、日中の気温は35℃に達する日が多いですが、湿度は低い

冬は乾燥して寒く、南西部では夜の気温が氷点下まで下がることもあります

国・地域特有情報

ボツワナの保健衛生面や治安面でも他のアフリカ地域と比較し、比較的安全な国と言われています

然しながら、予防接種などの予防策や貴重品や宿泊ホテルの施錠などの安全対策は各自で心掛けてください

投稿者

投稿者

アバター

UTI 編集部

ーUTI 編集部

UTIジャパンのホームページを刷新しました。旅行に役立つ情報を提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

その他の旅行情報