ico_close
旅行情報ナミビア

アプリコットカラーの砂漠  世界遺産「ナミビア砂の海」

投稿日 : 2020.07.02

,更新日 : 2020.08.11

世界最古といわれる地平線まで続くナミブ砂漠は幻想的で壮大です。

Namib Sand Seaとして2013年に世界遺産登録されたナミブ砂漠は8000万年前に誕生したとされる世界最古の砂漠で、砂丘が波のようにうねり連なる大海のような砂漠の姿は圧巻です

 

基本情報

正式国名

ナミビア共和国

首都

ウィントフック

面積

825,418キロ平方メートル

人口

約24,790,000人

民族

オヴァンボ人やカバンゴ人などの民族が87%、ヨーロッパ系の白人(ナミビア白人)が7%、その他が6%

宗教

キリスト教(プロテスタント、カトリック) 約90%、その他(イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教など) 約10%

公用語

英語 (ただし、ドイツ語やアフリカーンス語、オヴァンボ語など多数あり)

通貨(日本円の目安)

ナミビアドル(N$表記)  1円 =  約 N$ 0.14

パスポート

ナミビア入国時に6か月以上の残存有効期間が必要

ビザ

90日以内の観光の滞在であればビザ不要。ただし、予約済みの出国用航空券などが必要

税関・検疫

 

電圧・プラグ

電圧は220V  プラグはBタイプ(B3型、BF型)、Cタイプ

チップ

枕銭、ポーターへのチップ目安は N$30.00。観光時の運転手へはN$250.00

飲料水

ミネラルウオーターがおすすめ

時差

8時間00分(JST-8) ※日本が正午(12時)の場合、ナミビアは4時00分

気候(シーズン・服装)

1日の中でも気温差が激しく、日中は半袖で快適だが、日没後は厚手のセーターやフリース等が必要な場合もある。

国・地域特有情報

 

その他の旅行情報